【欠けた印鑑】そのまま使用できる?処分の仕方も調べてみた!

こんにちは!

 

皆さんが使っている印鑑は、

いつ購入されたものですか?

 

長年使っていると印鑑が欠けてしまう

ということがあるようです。

 

私の印鑑は、結婚した時に作ったのもなので、

まだ大丈夫ですが、

最近友人から、大事な契約の時に

印鑑が欠けていて恥ずかしかったという話を聞きました。

 

印鑑がかけると縁起が良くないから

新しいものを作ろうと思うとも言っていました。

 

印鑑って、けっこう奥が深い???

 

私は印鑑についてよく知らないなと思ったので、

・欠けた印鑑は使えるのか?

・印鑑が欠けると、なぜ縁起が悪いと言われるのか?

・欠けてしまった時はどうしたらいいのか?

を調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

欠けた印鑑は使用できる?

調べてみると、欠けてしまった印鑑が

どの印鑑なのか(実印、銀行印、認印)によって、

そのまま使えるかどうかは変わってくるようです。

 

実印の場合

実印は、印鑑証明書の印影と実印の印影が

同じでなくてはいけないので、

欠けてしまうと、実印としての効力がなくなってしまいます

 

そのため、新しい印鑑で印鑑登録をし直さないといけません

 

銀行印の場合

枠だけが欠けていて、名前の部分が大丈夫ならば

使用可能な金融機関もあるようです。

 

しかし、枠が欠けていると、他の部分も欠けやすくなってたり、

お金が逃げるとも言われているので、

新しい銀行印を作った方が良さそうですね。

 

認印の場合

結論から言うと、欠けてしまっても使うことができるようです。

 

しかし、欠けている印鑑を使い続けていると

他の部分も欠け易くなっているので、

もっと欠けてきてしまう可能性もあります。

 

また、印鑑は❞縁起もの❞と考えると、

新しい印鑑を作った方が良さそうです。

 

 

印鑑が欠けてしまった場合は、

認印はそのまま使用できるようですが、

なるべく早めに新しいものを作った方が良さそうですね。

 

欠けた印鑑は「縁起が悪い」というのは本当?

欠けたはんこは、「何事にも欠ける」ということに通じ、

縁起もよくないとされているそうです。

 

また、銀行印の枠が欠けていると、お金が逃げる

とも言われているそうです。

 

枠が欠けたものを使っている人は、

大雑把な人が多いという傾向があるようです。

 

お金には逃げて欲しくないので、

印鑑が欠けてしまったら、

すぐに新しいものを作った方が良さそうですね。

 

 

スポンサーリンク







印鑑の処分の仕方は?

印鑑ってどうやって処分したらいいの?

ぴよ吉

ニワさん

そのままゴミ箱にポイっていうのは、できないよね。

 

新しい印鑑への登録が済んだら、

処分方法は次の4つがあるようです。

  1. 印面を削って捨てる。
  2. はんこ屋さんに持っていく。
  3. 神社に持っていく。
  4. 彫り直し(改刻)をしてもらう。

 

1.印面を削って捨てる場合

カッターなどで印面を数箇所削って、

使えなくしてから捨てます。

 

2.はんこ屋さんに持っていく場合

はんこ屋さんで、印鑑を供養する取次ぎを

してくれることがあるそうです。

 

購入したはんこ屋さんに聞いてみるといいね。

ぴよ吉

 

3.神社に持っていく場合

毎年10月1日は、印章の日で印鑑供養が行われます。

 

大切な印鑑をこうやって供養してもらえると

嬉しいですね(^^)

 

4.彫り直しをしてもらう場合

大事な印鑑は、彫り直しをしてもらうこともできます。

 

印面が少し欠けてしまっただけで、印鑑の本体は大丈夫な場合は、

改刻(かいこく)といって、彫り直ししてもらうことができます。

 

しかし、全く同じ印影で彫り直してもらうことは、

法律上禁止されているので注意が必要です。

 

また、素材やサイズ、印面の大きさによって

彫り直しができない場合もあるそうなので、

一度近くのはんこ屋さんに相談されることをおすすめします。

 

楽天市場にも印鑑を作ってくれるショップがあります。

こちらのショップはお手頃価格で、

10年保証がついていて、いいなと思いました。

書体サンプル↓↓↓ もあって分かりやすいですね。

しかし、こんなにいろんな書体があるんですね!

 

最後に

これまで私は、印鑑のことをあまり良く知らずに

1本の印鑑を実印、銀行印、認印と使いまわしていましたが、

今回調べてみて、それぞれ役目があるんだと分かったので、

印鑑を作ろうと思いました。

 

防犯のためにも、その方がいいなと思いました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。