お風呂の水が青いのはなぜ?体に害はないのかも調査してみた!

こんにちは!

我が家はいま築40年近くの家に住んで

約3年半くらいになるのですが、

初めてお風呂に入った時、

水の色が青くて衝撃を受けました!

 

入浴剤も何も入れていないのに青くて、

浴槽にも青い色がついていて落ちないんです。

 

この青い色の正体は何なのか?

また、体に害はないのか調べてみたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

お風呂の水が青いのはなぜ?

調べてみると、

 

水が青いのは、水道の銅管から

銅が溶け出した色が出ているため

 

 

水が青く見えるようです。

 

 

浴槽が青くなるのは、水中に溶け出した銅イオンが

石鹸や垢に含まれる脂肪酸などと

反応して生じる銅石鹸

なんだそうです。

 

ニワさん

昔は、10円玉が青くなっているものがあったよね。

 

この青い色は、早いうちに

洗剤を付けたスポンジでこすると落とせるようです。

 

が、しかし、我が家の浴槽の青い色は、

前の入居者の方から受け継いでいるので、

残念ながら落ちませんでした(;_;)

 

青い色を発見したら、すぐにスポンジでこすって

落とすことをおすすめします!

 

こちら↓ のスポンジは、私の好きなブロガーさんが

おすすめされていたスポンジ。

使ったことはないのですが、

耐久性・泡立ち・水切れ抜群だそうでずっと気になっています。

この機会に使ってみようかな?

 

ちなみに、青ではなくてタイルが

茶色に染まっているお風呂も見かけますが、

これは配管材に鋼管が使われている場合に、

このようなことがあるそうです。

 

スポンサーリンク







体に害はないの?

青い色は、銅が溶け出したものでしたが、

このお風呂に入っていて、体に害はないのでしょうか?

ニワさん

子供に影響はないのか心配だわ。

娘はお風呂の中に潜って遊んだり、

ブクブクブク・・・とお風呂の中で

口から空気をだしたりしているので、ちょっと心配です。

 

調べてみると、

日本では銅イオンの濃度は1リットルあたり

1.0ミリグラム以下と定められていますが、

ほとんどの水道水はその100分の1くらい、

 

 

銅の給水管を使っても、

せいぜい0.1ミリグラムの銅を含む程度

 

なんだそうです。

 

ということは、ほとんど害はないということですね。

安心しました。

 

こちら↓ のサイトに詳しく書いてありました。

>http://copperbook.jp/data_doukan/data/aoimizu.html

 

最後に

水の色が青いのは、銅管から銅が

溶け出ているためということが分かりました。

 

体への影響はないと言っても、

青いというのはあまり気持ちのいいものではありません。

 

掃除をしっかりとして、青い色がこれ以上

つかないようにしようと思います。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。