菊野昌宏(独立時計師)の時計が買えるお店や通販は?値段や購入方法は?

こんにちは~

「情熱大陸」に、

独立時計師の菊野昌宏(きくの まさひろ)さんが

出演されます。

 

独立時計師???

 

私は初めて聞いたのですが、

一体どんな時計師なのでしょうか?

 

菊野さんが作る時計は、かなりびっくりするお値段なんですが、

国内外から注文が入るそうです。

 

菊野昌宏さんについて、

また菊野さんの時計がどこで購入できるのか、

いくらするのかなど調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

菊野昌宏のプロフィール

 

View this post on Instagram

 

Masahiro Kikunoさん(@masahiro_kikuno)がシェアした投稿


◆菊野昌宏(きくの まさひろ)

生年月日:1983年2月8日
出 身 地:北海道深川市

菊野さんは、子供の頃から手先が器用で

工作が得意だったそうです。

 

高校卒業後には、自衛隊に入隊し、

機械整備をしていましたが、

「メンテナンスではなく一からものづくりをしたい」

と思っていたときに、

上官が身に着けていた機械式時計に魅入られ

「独立時計師」の存在を知ります。

「独立時計師」は、部品のねじからデザイン、組み立てまで

のほぼ全ての工程を一人で行う時計職人のこと。

 

独立時計師アカデミーに認められた現役職人は、

世界で31人しかいないそうです。

 

日本人として初めて認められたのが菊野昌宏さんなんだそうです。

ヒコ・みづのジュエリーカレッジ(ジュエリーや時計の専門学校)で

時計の基礎を学び、独学で機械式時計を作り始めると、

 

「和」のテイストを取り入れた独創的なアイデアと

精緻な時計作りが認められ、

 

30歳でスイスにある独立時計師アカデミーに

正会員として迎え入れられ世界的に評価されています。

ねじ1本から作るなんて、大雑把な私からしたら

気が狂ってしまいそうで考えられませんが、

菊野さんは、そういった作業が得意で好きなんですね。

 

時計の値段は?

こちらが菊野さんが作る時計です。

◆朔望(さくぼう)

歴史や文学の中で、常に象徴的な存在である

月をモチーフにした作品。

 

こちらのお値段、500万円(税抜)だそうです。

 

年に4本しか作れないそうです。

 


◆和時計改

江戸時代、日本で完成した「和時計」。

西洋式ではなく、日本独自の時制をもとに作られた時計で、

昼夜をそれぞれ6等分し、その一つひとつを一刻とし

干支を配すといった様式のものです。

 

お値段は、1,800万円(税抜)!!

 

中古マンションが買えちゃいます!

こちらは、年1本の生産だそうです。

 

引用
◆和時計改 暁鐘(ぎょうしょう)

 

こちらはお値段が分かりませんでしたが、

あまりにキレイだったので紹介しました。

時計の域を越えて、芸術作品ですね!

すごいですね。

 

こんな時計の世界があることを知らなかったです!

 

身につけるのがもったいなくて、

ずっと眺めていたいような時計ですね。

 

スポンサーリンク







 

時計が買える店舗や通販は?

菊野さんの時計はどこで購入できるのか調べてみました。

ホームページを見ると、

MASAHIRO KIKUNOの時計は、基本的に受注生産となっております。
なるべく直接お会いして、作品の製作工程などをお伝えして、
十分にその価値をご理解いただいた上で、購入していただきたいためです。

これだけ高額なものなので、作品について

しっかりと納得してもらってから購入してもらっているんですね。

 

工房は千葉県の自宅に構えているそうなので、

恐らくそちらへ行って話を伺うんだと思います。

 

時計の購入方法は?

受注生産となると、どのように購入したらいいのでしょうか?

ホームページをさらに見ていくと、

”詳細については、「CONTACT」からお問い合わせください。”

とありました。

購入希望の方は、「CONTACT」から問い合わせするようです。

 

が、その下に、

『現在、受注を中止しております。』

とありました。

 

今注文がいっぱいなのかもしれませんね。

情熱大陸では作るのは年間2本と言っていたので、

これからオーダーするとなると、

うーん・・・すごい待ちそうですね。

どんな仕組みになっているのでしょう!??

すごいですね。

 

過去に、NHKのドキュメンタリーやグレートジャーニーでも

菊野さんの特集が放送されていたようです。

 

こんなにすごい時計を作る方がいたとは驚きでした。

自分の知らない世界を少し垣間見れました。

 

最後までいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。