ひでこコルトンの経歴や結婚は?レシピ動画やオンライン講座もチェック!

こんにちは~

「人生が変わる1分間の深イイ話」に

アメリカ料理番組で大人気の料理研究家
ひでこコルトンさんが出演されます!

アメリカの料理番組で人気ってすごいですね!

料理研究家として若い頃から活躍されていたのかと
思ったら、以前は証券会社に勤めていたそうです。

しかも40代で料理家に転身されたと聞いてさらにビックリ!

どんな道を歩まれてきたのか気になったので、
ひでこコルトンさんについて
どんな方なのか見ていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

ひでこコルトンのプロフィール


◆ひでこコルトン
 料理家、COLTONS NEWYORK代表取締役。

なんと、ニューヨーク在住約30年です!

「COLTONS NEWYORK」の代表をしながら、
料理を中心とする各種事業を展開
されています。

季節にあったニューヨークスタイルのおもてなし料理と
テーブルセッティングを紹介する

日本人女性向けの料理教室「NY*おもてなし料理教室」や、
料理教室のプロを目指す認定講座、

アメリカフジテレビの料理コーナーへの出演、
ウェディングをはじめとするイベントプロデュース、

企業顧客向け商品PR・レシピ開発事業
など幅広く活動されています。

ニューヨーク在住の日本人女性の間で、
圧倒的な知名度を誇っているそうです。

 
ひでこさんは、10歳の時にお母さんを癌で亡くされており、
その当時、7歳と5歳の妹さんがいました。

お手伝いさんが定期的に来てくれていたそうですが、

妹たちから「お腹空いた」という声が聞えると、
キッチンに立ち、何か作ってあげていたそうです。

自然とキッチンで過ごす時間が増えていき、
ひでこさん自身が食べることが大好きだったこともあり、

料理に関心を持つようになったそうです。

 

留学と証券会社時代

大学卒業後、ひでこさんは日本長期信用銀行に入社します。

長銀は、主に債券を扱っていますが、
働いているうちに、株の方に興味が出てきて、
外資系証券会社への転職を考え始めます。

2年で長銀を辞め、語学留学のために、
ニューヨークにあるコロンビア大学に入学。

あえて日本人が少ないコロンビア大学を選び、
語学の習得に専念したそうです。

留学を終え、日本に帰国後、
モルガン・スタンレー証券に入社します。

夢を持ったら目標に向かってまっしぐらですね。

ひでこさんは、
「ニューヨークに行ったら、絶対に日本人とコンタクトを取らない!」

と決めていたそうで、異国の地に一人乗り込んで
勉強をするのはとても大変だったでしょうが、

(私だったら、そもそも一人で海外に行けないです・・・)

それを見事乗り越えて、
念願の外資系証券会社に入社するなんてすごいですね。

 

結婚と離婚

ひでこさんは、モルガン・スタンレー証券の日本支社で
働いていましたが、

ニューヨーク本社から派遣されきた
アメリカ人との出会いがあり、結婚します。

旦那さんの日本での任期が終わると、
二人でニューヨークに移り住み、

渡米を機に仕事を辞めて、アメリカ料理を学び始めます。

CIA(カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ)
料理の基礎をみっちり勉強しました。

(※CIAは、アメリカの老舗料理学校)

結婚5年目で離婚することに。

色々な価値観が合わなかったそうです。

アメリカ人と結婚するということは、
精神的にも経済的にも自立するのが当たり前。

離婚という辛い経験を通して
「自分を幸せにできるのは、自分しかいない」ということを学んだそうです。

日本人同士でも価値観の違いがあるのに、
国が違えばもっとですよね。

この離婚はひでこさんにとってかなり辛い経験となりましたが、

「ニューヨークで幸せになるまでには、絶対日本に帰らない」

と決めて、次に向かって歩き出していきます。

 

再び金融業界へ

日本には帰らず、アメリカでやれるところまで頑張ってみよう
と仕事を探します。

32歳の時に、UBS(スイスの投資銀行)ニューヨーク支店に入社。
主に米国株のセールスを担当していたそうです。

そして、37歳の時に再婚。39歳で、第一子(男の子)を出産。

優しそうな旦那さん♪

しかし、仕事がとても忙しく、
子供をナニーさん(フルタイムで子育てをする職業の人)に預け

毎朝7時半に出社し、20時過ぎに帰宅するという日々だったそうです。

 
改めて自分の将来を見つめ直し、「しっかり子育てをしたい」

自分が理想とライフスタイルを実現するために、
「起業して、フード関係の仕事をしよう」
42歳でついに料理の道へ進むことを決意します。

ちょうどその頃、リーマンショックが起こり、
一生できる仕事かを考えた時に、たぶん違うなと思い
10年間勤めた会社を退職しました。

 

スポンサーリンク








 

料理家へ転身

ひでこさんの最初のビジネスは、家族ぐるみで親しくしていた
セレブシェフのデビット・バーク氏とコラボして、
(ニューヨークを中心に、米国で数多くの有名店を
輩出しているカリスマシェフ)

シェフがデモンストレーションで料理するのを、
日本人のお客さんに日本語で説明するイベントを開催

その後、レストランやワインセラーを巡るツアーなど
色々なイベントを企画しました。

また、ニューヨークでのおもてなしやパーティの仕方は、
日本とは違いエンターテイメントに溢れている
そうです。

これまで、いろいろなパーティやイベントに参加した経験から、

アメリカ人のパーティで学んだアイディアやエッセンスを、
日本人に方にシェアできるような料理教室を開きたい思うようになり、

料理だけでなく、テーブルトップやフラワーアレンジメント、
音楽、香りなどの空間プロデュースまで含めた料理教室をスタート
させました。

料理教室では毎回テーマを決めて
それに合わせたコーディネートをしていくそうです。

バレンタインがテーマの時は、

料理にマゼンタピンクのカラーを取り入れたり、
バラの香りがするデザートを出したり、

音楽やテーブルコーディネートも
とことんロマンティックに演出するそうです。

料理教室でそこまで教えてくれる教室は
そうそうないですよね!

日本人にはあまり馴染みのないホームパーティが
アメリカでは普通だったりするので、

そういう時にひでこさんの料理教室があると
とても参考になっていいですね!

人気の秘密がわかったような気がします。

 

レシピ動画

アメリカフジテレビの料理コーナーの動画
が公開されていたのでご紹介します。

バレンタインデー フルコースレシピを紹介されています。

豪華でレストランで出てくるような
クオリティーの料理ですね。

とっても美味しそう~♪

材料がなかなか日本では手に入りづらいものが多いので
日本で作るのはハードルが高そうかなと思いました。

 

オンライン動画レッスン

ひでこコルトンさんの「NY*おもてなし料理教室」が
オンライン動画でいつでもどこでも見ることができる
「THE COLTON CLUB」

ひでこコルトンさんの世界観やNYのフレーバー、
エッセンス等、世界中いつでもどこでも好きな時に
レッスンを何度でも見ることができるそうです。

詳細はひでこコルトンさんのHPにて⇒THE COLTON CLUB

ホームパーティをよく開催するという人や
おもてなしの仕方を学びたいという人に
良さそうです!

 
本も出版されています。

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。