King Gnu(キングヌー)メンバーのプロフィールや年齡は?バンド名の由来も

こんにちは~

「スッキリ」で、今大注目のアーティストということで、
「King Gnu(キングヌー)」が紹介されていました!

名前の読み方が、後半ちょっと難しいですね・・・

King Gnu(キングヌー)は、
米津玄師さんが今年の邦楽で一番好きと絶賛したとか!

むむむ、気になりますね。

今回は、King Gnu(キングヌー)について
見ていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

King Gnu(キングヌー)のメンバーについて


「King Gnu」は、4人組ミクスチャーロックバンドです。

【メンバー】
常田大希・・・ギター・ボーカル
勢喜遊・・・・ドラムス・サンプラー
新井和輝・・・ベース
井口理・・・・ボーカル・キーボード

元々は、2015年に「Srv.Vinci(サーヴァ・ヴィンチ)」
という名前で活動を開始さていますが、

固定メンバーは常田さんひとりで、
セッションなどを通じて集まったメンバーと
活動をしていくというスタイルだったようです。

この時に現在のメンバーに出会い、
4名でバンドを組むことになったそうです。

そして、2017年4月26日、バンド名をKing Gnuに改名しました。

メンバーそれぞれが多方向の音楽から影響を受け、
そこから新しい音楽を作り上げたことから、
「トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル」と称しています。

ミュージックビデオの制作や、ロゴタイプをはじめとする
ビジュアルデザインは、常田大希さんが立ち上げた
クリエイター集団「PERIMETRON(ペリメトロン)」が担っているそうです。

 

「PERIMETRON(ペリメトロン)」は、
アーティストのMVをはじめ、ファッションブランドの
コレクションムービーからプロダクト、ジャケットのデザイン、
音楽制作と多彩なクリエイションを手がけているチームです。

 

常田さんがKing Gnuを象徴する曲という「Flash!!!」

 

バンド名の由来は?

バンド名は、動物のヌー(Gnu)は、春から少しずつ
合流してやがて巨大な群れになる習性を持っていて、

自分たちも老若男女を巻き込み大きな群れになりたい
という思いから名づけられたそうです。

ヌーは、アフリカ大陸南部に生息する動物です。

 

スポンサーリンク








 

常田大希のプロフィール


◆常田 大希(つねた だいき)
 ギター、ボーカル担当。
 5月15日生まれ。 

ドラムと勢喜さんと同い年なので、
25歳くらいだと思います。(2018年9月現在)

King Gnuにおける全ての楽曲の作詞作曲を担当。
バンドのリーダー兼プロデューサー。

「Daiki Tsuneta Millennium Parade (DTMP)」名義でのソロ活動や

クリエイター集団「PERIMETRON」も主催されていたりと
多方面で活動されています。

また、常田さんの両親が音楽をやられていて、
幼い頃から音楽に囲まれて育ち、

東京藝術大学在籍中には、チェロを専攻し、
小澤征爾さんの楽団に在籍されていた
という経歴も持ちです。

東京藝術大学は1年も通わず辞めてしまったそうです。

卒業生には、伊勢谷友介さん、坂本龍一さん、村上隆さん、
葉加瀬太郎さん、フジ子・ヘミングさん
・・・・

多くの著名人がいらっしゃるトップクラスの大学。

それを1年も経たず辞めてしまうなんてもったいないと思いましたが、

常田さんには、揺るがない芯の強さを感じますね。
 

また、米津玄師さんの曲「爱丽丝(ありす)」に常田さんがアレンジで参加し、
米津さんがその音楽センスを絶賛されています!

 

勢喜遊のプロフィール


◆勢喜 遊(せき ゆう)
 ドラムス、サンプラー(電子楽器の一種)担当。
 出身地:徳島県阿南市

25歳(2018年9月現在)

両親がプロミュージシャンで、
お父さんがドラムを、お母さんがシンガーをやっていたそうです。

その影響があり、勢喜さんは、2~3歳の頃から
練習用ドラムをたたいていた
そうです。

小学校でヒップホップダンスを始め、のめり込み、
中学校でもソロでダンサーとして活動していたそうです。

高校に入ってすぐに先輩に、「ドラムをたたいてほしい」
と言われ、いろいろなバンドを組んでライブハウスに
出るようになったそうです。

高校3年生になる頃、ドラムレッスンに通うようになり

ドラム教室の先生の影響で、県内大学の軽音部や
ビッグバンドに潜り込んだり、一回り以上年上の大人たちのバンドに
入れてもらったりしたそうです。

19歳の1月1日に上京し、セッションバーのようなところに
顔を出しているうちに、常田大希さんに出会ったそうです。

 

新井和輝のプロフィール


◆新井 和輝(あらい かずき)
 ベース担当。

年齡が分からなかったのですが、
他のメンバーと同じくらいではないかと思います。

高校時代は軽音部に所属していたそうです。

先輩に誘われてジャズのライブに行ったのがきっかけで
ジャズにハマッていったそうです。

大学は、音楽大学ではない一般の大学に通っていましたが、
音楽に没頭し、友達のいる音楽大学に通って授業を受け、
音楽の知識を得たそうです。

そんなことができるんですね。
驚きました!

ベースを初めたきっかけは、バンドに誘われた際、
ベースパートしか空いていなかったからだそうです。

常田さんからサポートの話がきたときに、
セッションだけをやる音楽に飽きていたこともあり、

「バンドに入りたい」と話を持ちかけ加入したそうです。

他のアーティストのサポートや、
ジャズのセッションマンとしても活動しています。

 

井口理のプロフィール

View this post on Instagram

老化

井口理/Satoru Iguchiさん(@191satoru)がシェアした投稿 –


◆井口 理(いぐち さとる)
 ボーカル、キーボード担当。
 出身地:長野県
 10月5日生まれ

常田さんとは幼なじみなんだそうです。
ということは、常田さんと同じ23歳くらいかなと思います。

井口さんも東京藝術大学で声楽を学んでいたというので、
メンバーみんな音楽に関してのレベルが相当高いですね。

常田さんは、井口さんの声を「嫌われない声」の持ち主、
多くの人に届く声
と評価しています。

また、井口さんは、バンド活動と並行して、
舞台役者としても活動されているそうです。

カッコいいので、役者としても人気がありそうですね。

井口さんが好きなミュージシャンは七尾旅人(ななお たびと)

他にも、親の影響から井上陽水、チューリップ、オフコース、
布施明、尾崎紀世彦
などが好きなんだそうです。

 
「Prayer X」は、アニメ「BANANA FISH」エンディング・テーマ

一度聞いたらメロディーが耳に残ります。

 

今回は、King Gnuのメンバーについて調べてみましたが、

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール

 

 

こんにちは!カワミです。
日々気になることを綴っています。
誰かの役に立つようなそんな情報をお届けできたらと思っています。
夫と娘の3人暮らしで、主婦業に子育てに毎日奮闘する日々です。
どうぞよろしくお願いします!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。