加藤英明の爬虫類ハンターという職業はどんな仕事?年収についても

こんにちは~

アナザースカイに爬虫類ハンター加藤英明さんが出演されます。

珍獣ハンターのイモトアヤコさんは
知っていますが、

爬虫類ハンターという仕事はどんなことをするのだろう?
と思ったので、

今回は爬虫類ハンターの加藤英明さんについて
詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

加藤英明のプロフィール

 

View this post on Instagram

 

【爬虫類ハンター・本日発売!】 『爬虫類ハンター~加藤英明が世界を巡る』は本日(6月25日)発売です! ボスニア・ヘルツェゴビナで戦火を生き延びたリクガメに出会い、セーシェルでは闇夜に光るカメレオンを捕獲、灼熱のアラビア半島でトカゲと攻防を繰り広げる…『クレイジージャーニー』『池の水ぜんぶ抜く』『鉄腕ダッシュ』などのTV 番組で人気急上昇中の“爬虫類ハンター・加藤英明” が未だ見ぬ爬虫類を求め世界中を駆け回る! 何と!オビにはあのヨシダナギさんに素敵なコメントをいただきました!是非書店でチェックしてみてくださいね!! #爬虫類ハンター #加藤英明 #ヨシダナギ #爬虫類 #ビバリウムガイド #ビバガ #クレイジージャーニー #池の水ぜんぶ抜く #鉄腕dash #トカゲ #カメレオン #イグアナ #リクガメ #お昼休みは書店へGO

mpj_aqualifeさん(@mpj_aqualife)がシェアした投稿 –


◆加藤 英明(かとう ひであき)

1979年静岡県出身。
爬虫類学者、生態学者(農学博士)

静岡大学大学院教育学研究科修士課程修了後、
岐阜大学大学院連合農学研究科博士課程修了。

2007年に岐阜大学より博士(農学)の学位を取得されています。

 
カメやトカゲの保全生態学的研究を行いながら、
学校や地域社会において環境教育活動を行っていて、

加藤さんは、NPO法人静岡県カメ自然誌研究センター代表を務めています。
さらに未知なる生物を求め、世界中のジャングル、砂漠、
荒野など50カ国以上の国々へ行き、
現地で希少な爬虫類の生態調査や研究を行っています。

ダウンタウンの松本さん、小池栄子さん、設楽統さん
がMCの「クレイジージャーニー」に出演し、

「爬虫類ハンター」と呼ばれたことがきっかけで、
この名が広まったようです。

静岡大学教育学部講師や
テレビやラジオ「ヒデ博士の環境スクールFM-Hi76.9」など幅広く活躍されています。

 

爬虫類ハンターとはどんな仕事?

加藤さんの爬虫類の生態調査・研究(ハンター)とは、
プロフィールでも触れた通り、

未知なる生物を求め、世界中のジャングル、
砂漠、荒野を駆けめぐり、

現地で希少な爬虫類の生態調査や研究を行っています

ここではもう少し詳しく見ていきたいと思います。

静岡大学教育学部にて講師をされていますが、
加藤研究室というご自身の研究室があるようです。

どんな研究をされているのかと言うと、

カメやトカゲなどの爬虫類、
あるいは爬虫類の寄生虫が主な研究対象で、

動物の系統や進化や
外来種が及ぼす生態系の変化、
絶滅が危ぶまれている野生生物の保護

などについて研究されているそうです。

大学での研究、海外での研究と
幅広い研究活動をされていますね。

「池の水ぜんぶ抜く大作戦」にも出演されていましたが、
こちらは加藤先生が以前から研究されているものなんだそうです。

在来生物は自然状態の生物、外来生物は人が関わった生物
で、私たちは在来生物を見守るとともに、
壊された環境をもとに戻す努力をしなければなりません。

と呼びかけています。

こちらのインスタ動画で、
「池の水全部抜く大作戦」の加藤先生と
「クレイジージャーニー」の加藤先生が見られます。


クレイジージャーニーの加藤先生が
かなりすごくてビックリしました!

どこに目がついているんだろう???
と思うぐらい違うところを見ていたのに、

トカゲ並のスイードで、
一発で爬虫類を捕まえる姿はカッコいいですね!

『道具を使ったらフェアではない。素手で挑むからこそ価値がある。』

をモットーにされているそうです。

この番組をみて加藤先生のファンになった人も多いようです。

こういったテレビでの活動もあるからこそ、
あまり番組を見ていない私でも、

外来生物が増えていてそれが環境を壊している

というのはなんとなく知っていました。

生き物を飼う時は、よくよく考えて
最後まで責任をもって飼わないといけないなと思いました。

加藤先生、本も出版されています。

 

スポンサーリンク








 

年収はどのくらい?

加藤英明先生の年収はどのくらいなのでしょうか?

爬虫類の生態調査・研究を行っていますが、
収入は主に大学の講師としての収入がメインかな
と思ったので、こちらを調べてみました。

 

オーバードクター時代:0~400万
助手:400万~
常勤講師:500万~
助教授:600万~
教授:900万~

(参考:https://nensyu-labo.com/syokugyou_daigaku_kousi.htm)

大学の講師と言っても、地位によってだいぶ年収が変わってきます。

加藤英明先生は教授クラスではないかと思うので、
年収900万以上かな、と。

その他にも講演や著書、テレビ出演などもされているので、
1,000万円以上はあるのではないかと思います。

でもこれだけ熱心に爬虫類研究科として活動されているので、
稼いだお金はほとんど研究費用に充てていそうですね。

 
加藤英明先生の活動にますます注目が集まりそうですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール

 

 

こんにちは!カワミです。
日々気になることを綴っています。
誰かの役に立つようなそんな情報をお届けできたらと思っています。
夫と娘の3人暮らしで、主婦業に子育てに毎日奮闘する日々です。
どうぞよろしくお願いします!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。