節分の恵方巻きはなぜ黙って食べるのか?正しい食べ方や意味について

こんにちは~

私は、節分の恵方巻きは、
最近になって食べるようになりましたが、

それまでは、豆まきして手巻き寿司やちらし寿司を
母が用意してくれて、食べていたと思います。

いつの頃からか、

恵方巻きのご予約は~ とか、
うちの店のは海鮮恵方巻きだよ~ とか、
いやいや、うちは牛肉巻だよ~

などと、なんだかこちらも良いように乗せられてる感があって、

本当のところ、なぜ恵方巻きを食べるのか?
黙って食べるのは正しい食べ方なのか??
それには何か意味があるのか???

よく分からないことがたくさんあるので、
調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

今年の恵方は?

まずは今年の節分の日と恵方を確認しておきましょう!

2019年の節分の日は、2月3日
恵方は、東北東です。

 
そもそも「節分」とは、季節の変わり目の前の日のことを言います。

日本には四季があるので、節分は年4回あります

その中で最も重んじられる節分が、立春の前の日になるそうです。

きびしい寒さが続く小寒、大寒などの「寒」の終わり、
冬の終わりの日なんだそうです。

昔は立春が新年の始まりにも相当する大事な節目だったそうです。

 

豆まきをするのはなぜ?

 
節分といえば「鬼は外~、福は内~」と豆まきをしますが、
どうしてなのでしょうか?

豆は、「魔物を滅する」(ものをっする)
という意味もあり、古くから魔よけに使われてきたそうです。

煎った大豆を使うのは、豆を煎る時のパラパラという音を
鬼や魔物が嫌ったという説があるそうです。

 

スポンサーリンク








 

恵方巻きの由来は?


恵方巻きの由来には、諸説あるそうですが、

戦前に大阪の寿司商組合が始め、
戦後に海苔問屋協同組合と組んで「幸運巻寿司」
として売り出したのがきっかけと言われているそうです。
 

大阪から始まったんですね。

もともとは関東にはなかった習慣なので、
関東出身の私は知らないわけですね。
 

それが大阪を中心に少しずつ広がっていき、
巻き寿司の「丸かぶり早食い競争」が行われたり、
全国主要都市の「海苔祭り」でも宣伝されるようになったそうです。
 

1983年にファミリーマートが大阪と兵庫で販売し、
1989年には、広島のセブン-イレブンが売り出し、
1995年には、関西以西の地区、
1998年には全国エリアで販売するようになったそうです。
 

関東に恵方巻きが広まったのは、最近なんですね!
そして、コンビニから広まっていったというのが意外でした。
 

最近ではデパートやちょっといい料理屋さんでも
恵方巻きを販売していて、
大阪から始まった恵方巻きが全国区のブームとなっていますね!

 

正しい食べ方や意味は?

一般的な食べ方は次の通りだそうです。

◆太巻きをひとりにつき1本準備

 福を巻き込むことから巻き寿司。
 縁が切れたり、福が途切れたりしないよう、包丁で切ってはいけないそうです。
 だから丸かぶりなんですね!

 また、七福神にあやかり、7種類の具が入った太巻きがいいそうです。

 巻き寿司を鬼の金棒に見立て、それを退治する意味もあるとか。

 

◆恵方を向く

 恵方とは、その年の福徳を司る歳徳神(としとくじん。年神様の別称)のいる方角で、
 その方角に向かって事を行えば何事も吉とされています。

 

◆願いごとをしながら、黙々と最後まで食べる

 しゃべると運が逃げてしまうので、食べ終わるまで口をきいてはいけない。
 目を閉じて食べる、笑いながら食べるという説もあります。
 

ひとつひとつの食べ方に意味があるんですね。
まったく違うものですが、茶道の作法のようだなと思いました。

 

いつも食べやすいように恵方巻きをカットして食べていたので、
今年は恵方巻きの食べ方を参考して、福を呼び込めるようにしたいと思います♪
 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。