風吹ジュンおすすめの中国茶とスイーツとは?[マツコの知らない世界]

こんにちは~

マツコの知らない世界で、
風吹ジュンさんが中国茶の世界を教えてくれるというので
番組で紹介されたお茶をまとめたいと思います。

これまでに風吹さんは、
21ヶ所もの中国のお茶の産地を訪ねたそうです。

その中からオススメのものを紹介してくれる
というので楽しみです♪

 

スポンサーリンク

 

仕事のストレスを洗い流すお茶


◆浙江省杭州市 梅家塢龍井
ほのかな甘味があり、渋みが全くないのが特徴。

日本の緑茶と似たお茶ですが、
日本の緑茶と違って茶葉を刻まないため、
高温で淹れても苦味がでないそうです。

飲み方は、中国では、グラスに直接茶葉を入れて飲むそうです。
まず少量のお湯で香りを味わいながらゆっくりと飲みます。

細長いグラスを使うと、上に香りが立つので、
香りが味わいやすいんだそうです。

中国茶の茶葉は味が変わりにくいので、
茶葉を入れたまま持ち運べるので、風吹ジュンさんは、
このような↓タンブラーに入れているそうです。

タンブラー(大)

実際に風吹さんが持ち歩いているのは、
これよりワンサイズ小さくて自身がデザインしたもの。
残念ながら販売終了しているそうです。

綾瀬はるかさんは、このタンブラーのグレーを使っているそうです。

 

イライラを洗い流す烏龍茶


◆広東省潮州市 鳳凰単そう

中国で青茶と呼ばれる烏龍茶の一種。

茶葉を発行させ焙煎するため、
茶葉が黒っぽいのが特徴。

マスカットのようなフルーティで濃厚な香り。
寒暖差が激しい山で育つため甘みが凝縮され
豊かなお茶になるそうです。

手慣れた様子で、茶器でお茶を入れられていました。

お茶を入れた後の茶器のフタに残った香りを嗅ぐだけでも
すごくいい香りでアロマリラックス効果があるそうです。

 

スポンサーリンク








 

15年も探した幻のお茶


◆雲南省 千年紅茶

風吹ジュンさんが15年も探して、
今年初めて出会えたという紅茶だそうです。

中国茶の聖地「雲南省」の樹齢約1,000年の木
から採れる千年紅茶。

中国でも特別な地位にある人しか飲めない
という幻の中国茶だそうです。

紅茶らしい香りと味を楽しめるが
渋みが全くないため喉越ごしがいいのが特徴

飲み方は、1杯目は香りを意識して飲む。
茶葉から字が出るのが遅いため、
前のお茶を少し残して重ねながら飲むそうです。

3杯目は味と香りのバランスを確認して飲む。

淹れるほど味がまろやかになり、
コクと蜜のような甘みが出てくるそうです。

 

風吹ジュンおすすめのスイーツ

風吹ジュンさんオススメのスイーツは、
鳳凰単そうの茶葉を入れたスイーツで、

滋賀県にある「ドゥブルベ・ボレロ」の
ボンボンショコラとガレットだそうです。

風吹さんのいとこがパティシエの渡邊雄二さんで、
世界的祭典「サロン・デュ・ショコラ」で
金賞を獲得されているすごい方!

ボンボンショコラ・テ・シノワ

 

◆ガレット・デ・ロア テ・シノワ
 パイ生地で鳳凰単そう入りのアーモンドクリーム
 と黒豆を包んだ焼き菓子

 ※販売期間は、12月28日から1月6日で限定100台

今は販売期間前なのでありませんでしたが、
ガレット・デ・ロア プレーンが販売されていたので、
通販サイトで購入できるかもしれません。

 

 

最後に

風吹ジュンさんの中国茶の世界、面白かったです。

中国茶は、ひとつまみで20杯も楽しめ、
淹れるほどに味が変化していくそうです。

そして、淹れた後の茶葉はお風呂に入れてさらに楽しめます。

中国茶は奥が深いですね。

今はまだ子育て中心の生活ですが
余裕がでてきたら風吹さんのように
お茶をゆっくりと楽しむ時間を持ちたいなと思いました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール

 

 

こんにちは!カワミです。
日々気になることを綴っています。
誰かの役に立つようなそんな情報をお届けできたらと思っています。
夫と娘の3人暮らしで、主婦業に子育てに毎日奮闘する日々です。
どうぞよろしくお願いします!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。