山本修二の出身中学・高校やシューズは?卒業後の進路・就職先も

こんにちは~

箱根駅伝がお正月の楽しみです。

昨年往路優勝した東洋大学。
今年は総合優勝を目指しています。

そんな東洋大学のエース山本修二選手について
詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

山本修二のプロフィール

 

View this post on Instagram

 

2018.9.29 #十日町長距離カーニバル 10000m 1組 . #山本修二 選手 29:06.27

青 猫さん(@aoneco7)がシェアした投稿 –


◆山本修二(やまもと しゅうじ)
 生年月日:1996年8月17日
 出 身 地:広島県
 身  長:174 cm
 体  重:56 kg

中学・・・呉市立昭和北中学校
高校・・・遊学館高等学校(石川県金沢市)
大学・・・東洋大学経済学部経済学科

姉1人、兄2人の4人兄弟の末っ子。
二人のお兄さん(長男:憲ニ、次男:信二)も
東洋大学で陸上をやっていました。

信二さん、修二さんが陸上を始めたのは、
お兄さんの憲二さんの影響が大きかったようです。

信二さんは大学で陸上を引退されていますが、
憲二さんはマツダで続けられています。

 

修二さんは、中学時代~高校1年の時は
目立った成績を残していませんが、

高校2年から、駅伝やトラックで数々の成績を残しました。

 

東洋大学に進学し、1年生時から頭角を表し、
2015年4月に10000mで29分12秒72、
10月に5000mで14分10秒56の自己記録をマークしました。

 

大学3年になると、チームのエースに成長し、
関東インカレでは5000m、ハーフマラソン共に入賞。

特にハーフマラソンでは日本人トップである2位になりました。

 

箱根駅伝では、3区を走り、2位を走る青山学院大学の田村和希選手に
詰められるもその後は差を広げ、区間賞を獲得しました。

 

今季前半は故障があり、思うような走りが出来ませんでしたが、
フィジカルトレーニングを中心にやり、
秋には駅伝のスタートラインに立てるようになったそうです。

山本修二選手にとって、今回の箱根駅伝は
いろいろな思いがある駅伝ですね。
頑張ってほしいなと思います。

 

 

記録

●5000m・・・ 13分56秒49
●10000m・・・28分50秒64
●ハーフマラソン・・・1時間02分56秒

 

出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
15年度 8区9位
16年度 8区4位 2区11位
17年度 3区2位 4区2位 3区1位
18年度 3区3位 7区3位

 

17年度から3区を担当して走ることが多いですね。

前回の箱根も3区を走っているので、
今回も3区を走るのでしょうか?

 

スポンサーリンク







シューズについて

山本選手のシューズは、
「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」だと思います。

大迫傑選手もシカゴでこのシューズを履いて走ったようです。

そして、世界最大級のランリレー「HOOD to COAST」では、
東洋大学が全36区間、約317kmを12人で走破し優勝したそうです。

その時履いていたシューズもこれだそうです。

なんだかとてもすごいシューズのようですね。

 

卒業後の進路は?

山本修二選手は、卒業後も競技をつづけるのか
気になったので調べてみました。

 

卒業後は旭化成に就職されるそうです。

旭化成には、陸上部があり競技を続けるそうです。

 

社会人になってからも活躍が見られるのは嬉しいですね。

憲二さんが競技を続けているので、
修二さんもお兄さんを目標にされているのかもしれませんね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。