方違神社(大阪府堺市)の初詣の混雑や駐車場について調査!

こんにちは~

大阪府堺市方違神社(ほうちがいじんじゃ)があります。

堺市では有名な神社で、旅の安全を祈るためや、
引っ越し、入院などここで祈祷をしてもらうのが
厄除けになるといわれています。

方違神社に初詣に行く人も多く、
毎年多くの参拝者で賑わっています。

そこで、今日は方違神社の初詣の混雑や駐車場について
調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

方違神社の名前の由来は?

「方違神社」という名前を始めて聞いた時は、
無知なため、方位を間違えて神社を建ててしまったのだろうか?

なんて思っていましたが、そんなことはなく、
むしろこの場所だからそう名付けられたそうです。

では、詳しくみていきたいと思います。

昔、百舌鳥耳原(もずのみみはら)または、
石津原(いしずはら)と称されていた地域なんだそうです。

ここに接する、
「河内丹治比」、「和泉大鳥」、「摂津住吉の境(堺の地名はこれに由来するそうです。)」
に位置し、三国どこにも属さない三国ヶ丘という
方位のない清地だった事から「方違神社」と名付けられた
そうです。

清地だったことで、この土地の土、まこもの葉っぱで作った粽により
悪い方位を祓うという方災除けの信仰がなされてきたと伝えられています。

三国どこにも属さない清地だから、
方違神社と名付けられたんですね。

こういうことを知っていると、初詣に行く時も
気持ちがちょっと違いますね。

初詣に方違神社に行こうと思っているので、
調べておいて良かったです。

 

スポンサーリンク








 

駐車場について

方違神社のホームページを見ると

1月1日~3日は、駐車場はありません。
公共の交通機関をご利用ください。

と注意書きがありました。

方違神社への電車・バスでのアクセスは次の通りです。

電車

 ・南海高野線「堺東駅」より徒歩7分 
 ・JR阪和線「堺市駅」から徒歩15分

 

バス

 ・南海本線「堺駅」から23系統「方違神社前」
 ・南海本線「堺駅」からシャトルバスで南海高野線「堺東駅」
 ・JR阪和線「堺市駅」から23系統、25系統「方違神社前」

 

小さな子供がいると、外出は車で行った方が便利ですよね。

そんな時は、駐車場を予約できるakippa(あきっぱ!)を利用すると便利です。

事前に駐車場が予約できるので、
到着してから、車を止める場所がない!
どうしよう~
ということになりません。

周辺の駐車場が空いていなかったら、
2~3駅離れた駐車場を探してみるといいかもしれません。

電車で数駅移動すればいいので、楽チンです♪



 

初詣の混雑状況について

毎年多くの人で賑わう方違神社の初詣。
1月1日午前7時から「歳旦祭」が行われます。

3が日は多くの参拝者が行列し、1時間以上並ぶそうです。

元旦は、午前7時~の「歳旦祭」から午前中は
参拝者が多いようです。

3が日にお参りに行くとしたら、夕方が狙い目かなと思います。

また、3が日をすぎると、出店もなくなってくるようなので、
4日以降は参拝者がぐっと減りそうです。

 

また、行列にじっと並んでいるのは冷えるもの。
温かい帽子や手袋など防寒グッズをお忘れなく!


 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール

 

 

こんにちは!カワミです。
日々気になることを綴っています。
誰かの役に立つようなそんな情報をお届けできたらと思っています。
夫と娘の3人暮らしで、主婦業に子育てに毎日奮闘する日々です。
どうぞよろしくお願いします!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。