阿部展子の年齡や経歴は?成都パンダ研究基地についても!

こんにちは~

情熱大陸パンダ飼育員阿部展子さんが出演されます。

パンダ専門の飼育員さんです。

少し聞いたところによると、

阿部展子さんはパンダが大好きで飼育員になったそうなんです。

 

今まで私が考えなかった世界だなと思って気になったので、

阿部展子さんについて調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

阿部展子のプロフィール

 

View this post on Instagram

 

-ⓜⓘⓝー🍡 (´-`).。oO(🐼🥖)さん(@min621)がシェアした投稿


1984年生まれ。出身は新潟県。

年齡は34歳(2018年12月現在)

 

大学:杏林大学外国語学部、四川農業大学

 

パンダ好きのきっかけは、

子供の頃、おばあちゃんがくれたパンダのぬいぐるみ

 

大好きで、毎日肌身離さず持ち歩いていたそうです。

そして、「いつか、本物のパンダに逢いたい!」

と思うようになったそうです。

 

子供の頃、私もくまのぬいぐるみが好きで

良く一緒に寝ていましたが、

阿部さんほどの好きという気持ちはなかったかな・・・。

どちらかというと安心感を求めていたような気がします。

 

1995年、小学校の修学旅行で上野動物園に行き、

始めて本物のパンダに対面し、

さらにパンダが好きになったそうです。

 

高校生の時に、テレビで、四川省・臥龍(がりゅう)の

パンダ保護センターで働く女性飼育員のドキュメンタリーを見て

 

「私もこんな人になりたい!

中国に行って、パンダのそばで仕事がしたい!」

と決意します。

 

大学で中国語を猛勉強し、

卒業後、2006年からパンダの飼育員を

多数送り出している四川農業大学に留学

 

阿部さん憧れの

「成都(せいと)ジャイアントパンダ繁殖研究基地」

で飼育実習をすることになります。

 

パンダ基地での1年半の研修期間中に、

60頭以上のパンダと接したそうです。

 

阿部さんが四川農業大学を卒業する年、

2010年6月、中国政府が上野動物園へ新たに2頭のパンダ

「リーリー」と「シンシン」の貸出を決定します。

 

このことを知った阿部さんは、上野動物園の園長に

「私を飼育員として働かせてください!」と手紙を書き、

採用が決定したんだそうです。

 

すごい熱意ですね!

上野動物園の園長も阿部さんの熱意を手紙から感じたのでしょうね。

 

「リーリー」「シンシン」の飼育は6年担当されたそうです。

 

2017年5月から再び

中国の「成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地」

に勤務されています。

 

これまでに飼育してきたパンダは80頭以上!

 

すごい数ですね!

本場中国でないと、これだけの数のパンダに

接することはできないと思います。

 

また面白いことに、中国ではパンダが珍しい動物ではないので、

日本のような関心はあまりないそうです。

 

阿部さんは本も出版されています。

 

スポンサーリンク







成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地について

阿部さんが現在働いている

「成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地」

は一般の人も訪れることができるようです。

 

成都という地域は、パンダが暮らすのに絶好の場所なんだそうです。

というのも、パンダの生息地は

竹が育つ標高1,200~3,400mの高地に限られていて、

成都がまさにその場所なんだそうです。

 

「成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地」は、

野生に近いかたちでのびのびと暮らすパンダを間近に見られるそうで、

観光スポットとして人気のようです。

 

「熊猫基地駅」という駅で下車するとすぐだそうです。

チケットは一人58元
(※2016年の情報などで変わっている可能性があります。)

トリップアドバイザーに口コミやツアーも掲載されていました。

中国へ行ったことがなかったのでこういった場所が

あることも知りませんでした。

 

研究基地というと、一般の人は入れないようなイメージを

持ちましたが観光スポットとなっているようですね。

 

いつかパンダを見に行ってみたいなと思いました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。