長瀧矢永子(ながたきやえこ)女性パイロットの経歴や年齢は?学費も調査!

こんにちは~

2018年12月11日(水)にセブンルールに、
ジェットスター初の女性パイロット
長瀧矢永子(ながたきやえこ)さんが出演されます。

女性のパイロットなんですね!すごいですね!

そこで今回は長瀧矢永子(ながたきやえこ)さんについて、
調べてみたいと思います。

またパイロットになるためには、
学費がどのくらいかかるのかも気になったので調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

長瀧矢永子のプロフィール

引用
◆長瀧矢永子(ながたきやえこ)
 
 1993年生まれ
 大阪府大阪狭山市出身
 年齡は24歳。(2018年12月現在)

長瀧さんは、子供の頃からスポーツ万能で、
小学生の時に水泳の「全国JOCジュニアオリンピックカップ」
に出場したこともあるそうです。

将来を期待される有望選手でしたが、
なかなか上位になれずに悩んでいたそうです。

そんな時に若手パイロットの活躍を描いたドラマを見たことが
きっかけでパイロット志す
ようになったそうです。

2013年、桜美林大学パイロット養成コースに進学

2017年4月ジェットスター・ジャパンに入社し、
2018年7月ジェットスター・ジャパン初の女性パイロットとなりました。

入社から1年半は、地上勤務や過酷な訓練生活。

副操縦士となった今も、飛行経路の天候、滑走路や機体の状況など、
数百項目に上る確認事項を頭に叩き込み、

コックピットに乗り込んでからも、
安全に飛行機を飛ばす最終責任者として、機体の隅々に目を光らせます。

また、パイロットには半年に一回のライセンス維持の審査が
義務付けられており

フライトの技術・知識を問う試験や、身体検査をパスしなければ
乗務を続けることが出来ないそうです。

「乗客の命を運ぶ」仕事だからこそ設けられた審査なのでしょうが、
とても厳しい世界ですね。

ここまで厳しいとは思っていませんでした。

 

出身中学・高校は?

長瀧さんの出身中学や高校を調べてみましたが
情報がなくわかりませんでした。

こちらは何か分かり次第追記したいと思います。

 

スポンサーリンク








 

学費はどのくらい?

長瀧さんは桜美林大学のパイロット養成コースで学ばれていますが、
授業料・訓練日は2000万円に上ったそうです。

奨学金等でどうにか工面されたそうですが、
パイロットになるにはとてもお金もかかるのですね。

そこで学費は実際どのくらいかかるのか調べてみたいと思います。

桜美林大学のホームページに学費が掲載されていました。

 
【授業料】
・1年次 2,564,000
・2年次 2,464,000
・3年次 2,464,000
・4年次 2,514,000

 合計 10,006,000
 

【寮費】
840,000 ✕ 4年間 = 3,360,000
※全寮制で、水道光熱費、食費(1日2食:朝夕食)、管理費込み
 
 

【その他】
約13,000,000円
※現地費用として飛行訓練費、教科書代、寮費

その他にも、生活費、渡航費、渡航後の航空身体検査受験料、
操縦士免許取得試験手数料等が必要となるそうです。

分かっている数字をすべて足すと、26,366,000円

これだけのお金を工面するのは大変ですね。

桜美林大学には、奨学金制度もあるので、
そういうものを利用しないと金銭面でもハードルが高いですね。

 

最後に

格安航空会社(LCC)や航空中堅で、パイロット不足から
女性のパイロット育成を進めているそうです。

とは言ってもまだまだ男性が多いそうですが、
長瀧さんは、
職場は客室乗務員など女性も多く違和感や不自由さはない。
女性パイロットが身近になっていけば
志す人は増えてくれるのではないかと語っています。

長瀧さんを見て、これからパイロットを目指す人が
増えそうですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。