甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)の販売店や通販・お取り寄せはある?

こんにちは~

2018年12月8日(土)放送のごはんジャパン
山形県最上郡産の里芋「甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)」
という里芋が登場します。

歴史を感じる名前ですが、
この里芋は、室町時代から550年の歴史を持つ芋で、
日本で栽培しているのはたった一家族のみだそうです。

手のかかる品種だそうですが、
先祖代々大事に育てられてきた芋なんだそうです。

そんな甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)が気になったので、
購入できるのかどうか調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)について


甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)は、
室町時代から400年以上続く佐藤家の家宝として伝わる里芋。

屋号から名がついたそうです。

一子相伝で門外不出。

形は細長く食感柔らかで、ぬめりが強く、
親芋も食べることができるそうです。

信栄さんの孫の春樹さんで20代目となります。

「小さい頃から普通に食べていた芋だったから
他の芋を食べるまで、そのおいしさに気づかなかった。
もっと多くの人に食べてもらいたい。」

と春樹さんは自分の家に伝わるこの芋のことを知り、
会社員から転身したそうです。

 

スポンサーリンク








 

どんな味?

普通の里芋よりも子芋、孫芋が細長くなり、
ぬめりが多く柔らかいそうです。

親芋も柔らかく食べられ、
芋煮はもちろん洋食にも合うそうです。

普通の里芋よりもねっとりしていて
甘みもあるようですね。

これはぜひ食べてみたいですね(^^)

 

販売店や通販は?

伝承野菜農家「森の家」で購入できます。

しかし、今年の分はもう完売していました。
残念・・・

View this post on Instagram

【甚五右ヱ門芋 追加販売のお知らせ】 こちら山形県真室川町では朝晩の冷え込みも一層増し、寒さが厳しい季節になりました。 おかげさまで今年の甚五右ヱ門芋の掘り取り作業は終了となりました。 . 今シーズンは昨年からのご予約で早々と完売となり、お召し上がり頂く機会ができず、たくさんの方々にご迷惑をおかけしたこと、心よりお詫び申し上げます。 . そこで、甚五右ヱ門芋は完売しておりましたが、最後の芋掘りが終わり若干数ですが、お買い求め頂けなかった方々に向け追加販売を行うこととなりました。 . . ================= ◎11月22日(木)発送日 ◎甚五右ヱ門芋【特選】:限定30箱 ◎お一人様2箱まで ◎弊社ショップサイトのみでの販売 (http://shop.morinoie.com/) ================= ※誠に申し訳ございませんが上記内容による販売限定となります . 注文カートは《11月17日(土)9時頃》よりオープンいたします . こちらは無くなり次第終了となりますので、 何卒ご了承くださいますようお願いいたします。 . ↓ ご注文はこちらから http://shop.morinoie.com/?pid=122946731 . . #森の家 #甚五右ヱ門芋 #里芋 #山形 #芋 #在来種 #伝統野菜 #伝承野菜

伝承野菜農家 森の家さん(@morino_ie)がシェアした投稿 –

「森の家」では、他にお米や原木なめこ、天然まいたけ、
栗、きゅうり、なすなども販売されていました。

もう収穫期が過ぎており、完売のものが多かったのですが、
どれもこだわりを感じるもので、お取り寄せしてみたいなと思いました。

インスタをフォローしておこうと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。