毎熊克哉(まいぐまかつや)の経歴や年齢は?出身高校や大学・彼女についても

こんにちは~

朝ドラ「まんぷく」で森本 元(もりもと げん)役

演じている俳優の毎熊克哉(まいぐま かつや)さん。

 

まんぷくではちょっと無愛想な感じの役ですが、

どんな方なのか気になったので、

毎熊克哉さんについて調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

毎熊克哉のプロフィール

 

View this post on Instagram

 

vivi0328さん(@vivi.and.meri)がシェアした投稿


◆毎熊 克哉(まいぐま かつや)

本  名:毎熊 克也
生年月日:1987年3月28日
出 身 地:広島県福山市
身  長:180 cm
血 液 型:A型
事 務 所:アルファエージェンシー

年齢は31歳。(2018年12月現在)

特技はストリートダンスで、

趣味はパーカッションだそうです。

 

演出家のヨリコジュンのもとで芝居を学び、

2010年の舞台「TIC-TAC」初舞台にして初主演を務めます。

 

引越しのアルバイトのかたわらで俳優活動を続け、

カトウシンスケとともにダブル主演を務めた

小路紘史監督の長編デビュー作品「ケンとカズ」

2015年の第28回東京国際映画祭にて、

日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞し話題となりました。

 

2016年7月に劇場公開されると作品評価の高さから

自主映画としては異例の3か月以上にわたるロングランを記録

 

同作での演技が評価され、

第71回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞、

おおさかシネマフェスティバル2017新人男優賞、

第31回高崎映画祭最優秀新進男優賞と次々に受賞。

 

毎日映画コンクールの表彰式会場で、

東映会長・岡田裕介の目に留まり、

岡田会長が製作総指揮を務める吉永小百合さん出演の大作

「北の桜守」の出演に抜擢。

 

また「ケンとカズ」を見た制作スタッフからのオファーにより

私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください」および

「私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第」で商業映画初主演を務めました。

 

2018年は「万引き家族」「空飛ぶタイヤ」などの

話題作からインデペンデント作品まで

10本を超える公開作品に出演しました。

 

確かな演技力とかつての東映や日活の俳優を彷彿させる鋭い眼光と

硬派な佇まいにより映画関係者から注目を集めています。

 

出身高校や大学は?

出身高校を調べてみましたが、わかりませんでした。

 

広島県出身なので、

広島の高校を卒業されているのでしょうか?

 

分かり次第追記したいと思います。

 

大学へは進学せずに、

東京フィルムセンタースクールオブアート専門学校

(現・東京放送芸術&映画・俳優専門学校)の

映画監督科コースに進学されています。

 

毎熊さんが3歳の時に、映画「E.T.」をみて、

映画作りに関心を持ち、

 

それから、映画「タイタニック」は1人で2回見に行き、

映画「ターミネーター2」は繰り返し見て

壊れたVHSやDVDを何度も買い替えるほどだったそうです。

 

毎熊さんは、映画監督を志して上京されました。

しかし、専門学校卒業後に俳優に転身します。

 

俳優業の傍ら、2009年12月に

映像製作集団「Engawa Films Project」を

林知亜季さん、柾賢志さん、佐藤考哲さんらとともに立ち上げて、

ショートショートフィルムフェスティバル2012の上映作品「VOEL」

など多数の短編映画を製作されたようです。

 

「Engawa Films Project」は、

現在は”エコ運転で充電中”のようで、

それほど活発には活動されていないようです。

毎熊さんがツイートされていました↓

毎熊さんも俳優業の方が忙しくて

なかなか参加できないのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク







出演作品

毎熊さんの出演作品の一部を紹介したいと思います。

【映画】
2009
・「学校裏サイト」 監督/福田陽平
・「笑う警官」 監督/角川春樹

2010
・「ボックス!」 監督/李闘士男

2016
・「ケンとカズ」主演 監督/小路紘史

2017
・「ろくでなし」 監督/奥田庸介
・「獣道」 監督/内田英治
・ 「全員死刑」 監督/小林勇貴

2018
・「北の桜守」監督/滝田洋二郎監督
・「素敵なダイナマイトスキャンダル」監督/冨永昌敬
・「万引き家族」監督/是枝裕和
・「空飛ぶタイヤ」監督/本木克英
・「終末の獣たち」監督/佐々木優大
・「純平、考え直せ」監督/森岡利行

【TV】
2009
・「東大落城 安田講堂36時間攻防戦」(NTV)

2011
・「仮面ライダーオーズ」第26話(EX)
・「絶対零度 シーズン2」第1話(CX)

2015
・「マジすか学園5」(NTV)

2017
・「みをつくし料理帖」(NHK)
・「京都人の密かな愉しみ Blue修業中 送る夏」(NHK)
・「ヘヤチョウ」(EX)

2018
・「都庁爆破!」(TBS)
・「京都人の密かな愉しみBlue修行中「祝う春」(NHK)

【舞台】
2010
・「TIC-TAC」(演出 ヨリコジュン/新宿アシベ会館)

2012
・「銀河英雄伝説 輝く 星 闇裂いて」(演出 ヨリコジュン/東京国際フォーラム)

2013
・「ANARCHIST」(演出 ヨリコジュン/新宿アシベ会館)

2014
・「銀河英雄伝説 第四章 後篇 激突」(演出 崔 洋一/青山劇場)

【INDEPENDENT FILM】
中編 「UNDO」主演 監督/林知亜季
長編 「楔」 監督/佐々木優大
短編 「コルセット」主演 監督/林知亜季
短編 「ケンとカズ」主演 監督/小路紘史
短編 「VOEL」 監督/林知亜季
短編 「はじまりの唄」主演 監督/林知亜季
短編 「モルヒネ」 監督/林知亜季
短編 「23話」 監督/小路紘史

仮面ライダーにも出演されていたのですね。

2018年から出演作品がぐっと増えているのが分かりますね。

 

彼女はいる?

彼女について調べてみましたが、情報はありませんでした。

 

結婚していてもいい年齢なので、

もしかしたら、彼女がいるかも知れませんが

本当のところはわかりませんでした。

 

何か分かり次第、追記したいと思います。

 

「まんぷく」で赤津役を演じている永沼伊久也さんについては、

こちら↓にまとめました。

 

最後に

毎熊克哉さんは、「まんぷく」の塩軍団の

中でも存在感を発揮されているので、
(目が印象的だなと思いました)

これからまだまだ注目されそうですね!

 

今後の活躍にますます期待します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。