ウィルソンキプサングの経歴や成績は?履いているランニングシューズも調査!

こんにちは~

もうすぐ「東京マラソン」ですね。
エリート選手のウィルソン・キプサング選手について、
経歴や成績など調べてみたいと思います。

また、ウィルソン・キプサング選手が履いている
ランニングシューズがカッコイイなと思ったので
どこのシューズを履いているのか調査してみたいと思います!

《関連記事》
・神野大地の出身高校や大学は?シューズや彼女についても調査!
・井上大仁の出身中学や高校は?兄弟は?趣味の折り紙がスゴすぎる!
・永尾薫(マラソン)の自己ベスト・成績や出身高校や大学は?
・ポカリガール「東京マラソン2018」CM曲や歌手について。
・鈴木健吾の出身中学や高校は?履いているランニングシューズについても調査!

スポンサーリンク

 

ウィルソン・キプサングのプロフィール


◆ウィルソン・キプサング・キプロティチ
(スワヒリ語: Wilson Kipsang Kiprotich)
生年月日:1982年3月15日
国  籍:ケニア
身  長:182cm

《自己ベスト》
10000m・・・・・・ 28分37秒0 (2007年)
ハーフマラソン・・ 58分59秒 (2009年)
マラソン ・・・・・ 2時間03分13秒 (2016年)

ケニアの陸上競技選手で、
当初はトラック競技を中心に活動していましたが、

「トラックではメシが食えないので、
 ロードレースへ転向した」 そうです。

ロードレースに転向してから、
華々しい記録を樹立しています。

2008年、デリーハーフマラソンで59分26秒を記録し2位。

2010年、パリマラソンでフルマラソンデビューし、
2時間7分13秒で3位。

同年フランクフルトマラソンで、2時間4分57秒で初優勝。

2011年日本に遠征し、第66回びわ湖毎日マラソンに出場、
2時間6分13秒の大会新記録で優勝。

同年のフランクフルトマラソンで、世界歴代2位となる
2時間3分42秒で優勝。

2012年ロンドンマラソンで、2時間4分44秒で優勝。
この事が大きな決め手となり、
2012年ロンドンオリンピック男子マラソン代表に選ばれ
銅メダルを獲得
しました。

その後も記録をどんどん伸ばしていきます。

2013年のベルリンマラソンで、2時間3分23秒の世界新記録を樹立。

2016年のベルリンマラソンで、2時間3分13秒の世界歴代4位タイの
記録で2位
に入り、人類史上初めて2時間3分台で3度マラソンを
走ったランナーとなりました。

2017年東京マラソンに出場し、日本国内のマラソン競走として
初の2時間4分の壁を破る2時間3分58秒で1位
となり、
2時間3分台を4度記録するランナーとなりました。

これだけの素晴らしい成績を樹立してきていますが、
キプサング選手はまだまだ先を見ています。

今年の東京マラソンでは
『2時間2分台』を目指しているそうです!!!

これが実現したらスゴイことになりますね。
キプサング選手だったら、できそうな気がします。

 

どんなトレーニングをしているの?

華々しい記録を次々と樹立しているキプサング選手。
どんなトレーニングをしているのか気になりますね。

2017年東京マラソン後にインタビューした記事によると、
ケニアのアイトンという高地(標高2400メートル)
で練習しているそうです。

高地トレーニングですね。

高地トレーニングのメリットは、
 1.酸素運搬・消費力のアップ、
 2.持久力のアップ

が期待できるそうです。

デメリットは、疲労回復に時間を費やすこと。
体調の変化が著しく、睡眠にも影響を及ぼすことがあるそうです。

そんな環境でのトレーニング方法は、
 スピードトレーニング・・・・週2回
 持久走・・・・・・・・・・・週1回

持久走は長くて40キロぐらい。
ペースは、本番のレースまでの期間によって、
レースから時間がある時はかなりゆっくりで、
近づいてきたら速くしていくそうです。

スピードトレーニングをした翌日はイージーランを行い、
その翌日に持久走。
そしてイージーランの日を入れるなど、
ハードワークとイージーランを交互に行っているそうです。

イージーランは、前日のハードワークからの回復と、
次のハードワークのための準備で、
距離はその日の体調によって変えていますが、
15キロとか20キロぐらいで、
大体1キロ5分のペースで走っているそうです。

トレーニングメニューは体の声を聞きながら
自分で作っている
そうです。

厳しい環境の中でトレーニングしているキプサング選手。
東京マラソン2018では、「2時間3分切り」も
実現できるのではないかと思いました。

常に大きな目標を掲げ前進している姿は本当に素晴らしいと思いました。

 

スポンサーリンク




 

夢の「2時間切り」のために開発されたシューズ

キプサング選手が履いているシューズがカッコイイなと思い
調べてみると、どうやら夢のシューズのようなのです。

キプサング選手が、国内レース最高タイムを出した時に
履いていたのが、アディダス『Sub2 プログラム』の一環
として開発された新シューズ『adizero Sub2』です。

『Sub2 プログラム』は、「2時間切り」という夢実現のために
集合したトップアスリートたちと共同開発しているプログラムです。

『2時間切り』という夢の世界を目指している
アスリートがいるのですね!

キプサング選手もそのうちの一人。

いつか「2時間切り」が当たり前の世界に
なってしまうのでしょうか???

ありきたりですが、もう、すごいとしか言えません。
(・o・)

楽天ショップで、『adizero』が販売されていました。
こちらは、マラソントップアスリート/青山学院大学/明治大学陸上競技部着用モデル。

【公式】アディダス adidas adiZERO takumi sen BOOST 3 レディース メンズ BA8244 ランニング シューズ その他 ランニング シューズ 合成繊維 合成皮革 ゴム底

【公式】アディダス adidas adiZERO takumi sen BOOST 3 レディース メンズ BA8243 ランニング シューズ その他 ランニング シューズ 合成繊維 合成皮革 ゴム底

【公式】アディダス adidas adiZERO boston BOOST 2 W レディース CG3144 ランニング シューズ その他 ランニング シューズ 合成繊維 合成皮革 ゴム底

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

カレンダー

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。