野村一晟(のむらいっせい)のアンビグラム作品の注文・購入先や値段は?

こんにちは~

「アンビグラム」を知っていますか?

私は先程「ヒルナンデス!」で初めて知りました。
ちょっとこちらの↓動画をみてください!!!

「才能」という文字を逆さにすると、
「努力」に!!!!

スゴイですね!
今日は野村一晟(のむら・いっせい)さんについて
調べて見たいと思います!

スポンサーリンク

 

「アンビグラム」とは?

アンビグラムは逆さにしても読める文字アートのこと。

日本語でアンビグラムを作れる作家は少ないそうです。

野村一晟さんは、イベント会場でブースを設け、
名前を5分程度でアンビグラムにして渡す
という実演も行っています。

アンビグラムの作品と実演の珍しさから
ネットニュースや新聞、テレビで話題となっています。

 

野村一晟のプロフィール


◆野村一晟(のむら いっせい)
 生年月日:1990年9月29日
 出 身 地:富山県富山市中川原

細密画・アンビグラム作家で、
平日は公立と私立の図工・美術講師をされているそうです。

アンビグラムを始めたきっかけは、
大学3年生の頃に、映画「天使と悪魔」を見たことから

映画の中にアルファベットのアンビグラムが登場し、
自分でもやってみたそうです。

アフファベットから始め、家族や友人の名前で作り続けるうちに
なんとなく法則が見えてきて、平仮名、片仮名、漢字とすすんでいったそうです。

映画を見たことから、
今のような仕事に発展していくとはすごいですね!

図工・美術講師で、大学は富山大学芸術文化学部を
卒業されているので、
映画を見てアンビグラムに興味も持ったのにも納得です。

 

野村 一晟の作品

すごいですね!
私にはこんな発想できないです。

野村さんは、とっても頭の柔らかい人なんじゃないかなと思います。

 

スポンサーリンク







作品の注文・購入先や値段は?

野村一晟さんのホームページ「イッセイの村」
で注文できます。

料金は、次のようになっているようです。
1. 下の名⇔下の名(例:たかし⇔たかし)
  ・・・4,000円
 
2. フルネーム⇔フルネーム(例:たなかたかし⇔たなかたかし)
  ・・・6,0000円

3. 下の名⇔別人の下の名やメッセージ(例:たかし⇔ももか)
  ・・・6,000円

4. フルネーム⇔別人のフルネームやメッセージ(例:たなかたかし⇔ありがとう等)
  ・・・12,000円

5. 漢字は一字につき加工は10,000円~

4,000円~12,000円くらいで作ってもらえるようですね。

補足などいろいろあったので、
詳しくは野村一晟さんのホームページ「イッセイの村」にてご確認んください。

 

結婚祝いや誕生祝いに

アンビグラムを結婚祝いや誕生祝いにするのも
人気なようです!


こんな風に結婚する家族や友人の名前を
アンビグラムにしてもらったら嬉しいですね。

 

まとめ

アンビグラムを初めて知りましたが、
文字のアートなので、分かり易いところがいいですね。

何かの機会があった時に野村さんにアンビグラムを
作ってもらいたいなと思いました。

野村一晟さんの今後の活躍に益々期待します!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。