味噌作り

こんにちは~

昨日今日ととっても冷え込みましたね。。。
そんな寒さが続く中、
ずっとやりたかった「味噌作り」をしました♪

味噌は、2月から5月始めくらいまでが
味噌を仕込むのにちょうどよい季節
なんだそうです。

手作り味噌は、スーパーで買う物とは
一味も二味の違って美味しいんですよ♪

「味噌作り」というと、
(私の勝手なイメージですが・・・)

大きな樽でたくさん作らないといけないと
思っていたのですが、

先日いつもお世話になっている美容師さんに
少量でも美味しく作れると聞いて
俄然味噌作りにやる気が出てきました!

スポンサーリンク

 

味噌キットを購入

味噌作りに必要な物を調べると
大豆、米麹、塩 とありました。

どれくらいの量が必要なのか分からなかったで、
手作り味噌キットを買いました。

3kg出来るというこちらのセットが
手軽かなと思い購入↓

【送料無料】【同梱可】大豆を選べる味噌作りセットお好きな国産大豆【800g】+はらだのこうじ【400g×2】+伊達の旨塩【400g】+詳しい味噌作りマニュアル=出来上がり約3kg

届いて箱を開けたら麹の香りが良くてビックリ!

これまで乾燥麹は何回も購入したことがありましたが、
生タイプは初めて。
こんなに香りが違うのかと驚きました。

大豆は好きな大豆を選べます。
 ・とよまさり大豆
 ・ミヤギシロメ大豆
 ・鶴の子大豆
 ・紅大豆
 ・あおばた豆
 ・秘伝豆
 ・いわいくろ黒豆

丁寧で詳しいレシピも入っていました!

 

大豆を水に浸す・・・

大豆を洗って水に浸しておきます。

レシピには半日とありましたが、
いろいろと調べてみると、この行程がとても大事なようで、
大豆の内部までしっかりと水が浸るように
18時間以上浸した方がいいようです。

大豆に芯が残っていると、中まで火が通りにくく、
茹で上がりにムラが出来てしまうそうです。

 

大豆を煮る

圧力鍋を使おうと思ったのですが、
我が家の圧力鍋では、大きさが小さくダメだったため、
コトコト煮ることにしました。

最初は卵白のようなアクがたくさん出てきました。
丁寧にアクをすくい取りながら煮て、

3時間くらいで柔らかくなりましたが、
夕飯時でタイミングが悪かったので、4時間煮ました。


 

スポンサーリンク




 

大豆を潰して、麹と塩を混ぜる。

ここから作業に必死で写真がありません。。。

大豆の煮汁は取っておいて、
大鍋に大豆を移し、マッシャーで潰しました。

厚手のビニールに入れて、手や足で潰してもいいようです。

豆が潰れて滑らかになってきたら、
(豆の形状が多少残っていました。)

麹をほぐして塩と混ぜたものを
大豆と混ぜます。

手でしっかりと混ぜ、硬いようだったら
煮汁を少し加えて、味噌を握って指の間から
にゅっと出るくらいの柔らかさまで練り混ぜます。

アカギレに塩がしみて、激痛を我慢して混ぜました( ;∀;)
 

容器に詰める

味噌を野球ボール大に丸め、容器につめていきます。
隙間があるとカビの原因になるので、
しっかりと埋めていきます。

※容器は、漬物用の6L用の容器を使いました。
 コーナンで調達。
 

重しをして保存

味噌の表面にラップをし、塩を薄く振る。
こうすると、塩が重しになって、
ラップが密着し、カビを防ぎます。

重し用の皿をラップでくるんでのせ、
フタをし、直射日光の当たらない場所に
約半年置いて熟成させる。
(※3ヶ月後に、天地返しをする。)

おいしい味噌ができるといいな♪
思っていたより簡単にできたので、
今度は麦味噌に挑戦したいなと思っています。

スポンサーリンク

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。