【LINE】お年玉つき年賀スタンプ(2018年)100万円の当選確率を調べてみた!

こんにちは~

今日は正月晴れというにふさわしい
いいお天気♪

最近は年賀状をメールで
やり取りする人も多いそうですね。

でも、アラフォーの私は、
やっぱり年賀はがきが好き❤

世間では「LINEのお年玉」という
お年玉つき年賀スタンプが流行っているそうです。

最大100万円が当たるというので、
宝くじみた~い!!と思って、
その当選確率を調べてみたいと思います!

スポンサーリンク

 

「LINEお年玉付き年賀スタンプ」とは?

対象のスタンプを購入することで、
友達などに「お年玉付きの年賀スタンプ」
を送ることができる、

というもの!

スタンプ1種類につき、10個のお年玉がついてきます。
販売価格は、120円(または50コイン)。

期間は、1月1日~1月3日の3日間

LINEアプリのトーク画面上から
送ることができます。

スタンプは可愛いものがたくさん!!!

 

「お年玉」の金額は?

「お年玉」を受け取った人は、
お年玉を開封すると当選結果が
わかるようになっています。

 1等・・・現金100万円 100本
 2等・・・LINE Pay残高1万円分 1000本
 3等・・・LINE Pay残高1000円分 1万本
 4等・・・1ポイント 1000万本
スタンプ賞・・・120ポイント 70万本

当選確率が結構高そうですね。

友達にプレゼントして当たったら
とっても喜んでくれそうだし、

年賀状の代わりにいいかもしれない!
と思ってきました・・・

 

スポンサーリンク





 

当選確率は?

LINEのアクティブユーザーは、およそ8000万人。

どれくらいの人がこのスタンプを購入するか・・・
1割の人がスタンプを購入したとすると・・・
8,000万人の1割 = 800万人

スタンプ1個購入で10個スタンプがついてくるので、
お年玉くじの数は、800万人×10=8,000万本

100万円の本数は、100本なので、
100本/8,000万本、
つまり100万円が当たる確率は、80万分の1!!!

1万円の当選確率・・・1/80,000
1000円の当選確率・・・1/8,000

残念ながら、100万円が当たる確率は、
とっても低~~い
ということがわかりました( ;∀;)
 

お年玉スタンプを送る時はご注意を!

お年玉スタンプのことを調べていて
ちょっと気になったのは、

スタンプを送れなかったというツイッターを
よく見かけました。


受信側のLINEの設定が
「連動していないアプリ」を「オン」
にしていないと届かない
ようです。

送る時は気をつけてくださいね!

と言ってもお年玉を受け取る相手の設定を
確認しないといけないですが・・・

 

まとめ

お年玉一覧を見た時は、「おっ、結構当たりそう??」
と思いましたが、計算してみると、
そんなに簡単に当たるものではないということが分かりました。

でも、たまにはいつもと違った年賀状を
送ってみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。