「年賀はがき」の郵便料金、2018年1月8日以降に投函する時は10円切手を貼り足すのはなぜ?

こんばんは~

もう年賀状の作成は終わりましたか?
いませっせと作成中ですか?

先日、郵便ポストの前を通ると
気になる貼り紙が・・・

『1月8日以降に年賀はがきを差し出される場合は、
さらに10円分の切手を貼り足していただく必要が
ありますので、ご注意ください。』

今日はこのことについて
調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

どうして10円切手を貼らないといけないの?

郵便局のホームページを見てみると・・・

2017年6月1日から
郵便はがき、定形外郵便物、ゆうメールの
料金が変更
になり、

「通常はがき」の料金は、52円 → 62円に、
「年賀はがき」の料金は、52円から変更なし。

「年賀はがき」は、
12月15日から翌年1月7日までの間に限り、
この期間はこれまでと同様に52円で送れます。

とあります。

つまり、1月8日以降に「年賀はがき」を投函すると、
「年賀はがき」は「通常はがき」と同じ取り扱いになるので、
62円分の切手が必要になり、
10円分の切手を貼り足しす必要がある
ということのようです。

1月8日の最初の取り集めまでに
郵便ポストに投函されたものは、
年賀はがきの料金(52円)が適用される
そうですよ!

 

スポンサーリンク





 

私製はがきも52円。

表面の見やすい位置にはっきりと
年賀」の文字を朱記してあれば、
52円で出せるそうです。

ただし、12月15日から翌年1月7日の間に限ります。

 

喪中はがきの料金はいくら?

「喪中はがき」は、「通常はがき」と同じ62円。

「喪中はがき」は、年賀状を送っている人にだすので、
「年賀はがき」と同じ取り扱いにしてくれる
と嬉しいのにな・・・と思いましたが、

よく考えたら、はがきを一枚一枚「喪中はがき」
かどうか確認しないといけなくなりますもんね。

これはしょうがないですね(^_^;)

 

まとめ

「年賀はがき」は1月7日夜までに投函しましょう!

忘れっぽい私は、
うっかり8日以降に投函してしまいそうですが・・・

よく考えてみると、私は1月7日まで
年賀状をやり取りすることってあまりないな、
と気づきました。

なので、恐らく大丈夫でしょう!

スポンサーリンク

カレンダー

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。