「箱根駅伝2018」東海大学のエース「關颯人(せきはやと)」のいるチームの強さとは?

こんばんは~

もういくつ寝ると~・・・
もうすぐお正月ですね。

お正月の楽しみと言えば、
やっぱり箱根駅伝!!!

家族が見ているので
何となく毎年見ていますが、

いつの間にか選手たちの走る姿に引き込まれ、
最後には、一緒に走り終えた気分で涙流したり・・・(^_^;)

今年は青山学院東海大学神奈川大学
トップ争いをするのでは?と言われていますね。

そこで、出雲駅伝で10年振りの優勝
全日本大学駅伝では2位となった
東海大学の強さについて調べて見たいと思います!

スポンサーリンク

 

東海大学 区間エントリーメンバー

〈往路〉
1. 關 颯人(セキ ハヤト) 2年
2. 阪口 竜平(サカグチ リョウヘイ)2年
3. 鬼塚 翔太(オニヅカ ショウタ)2年
4. 春日 千速 (カスガ チハヤ) 4年【主将】
5. 松尾 淳之介(マツオ ジュンノスケ)2年
〈復路〉
6. 中島 怜利(ナカシマ レイリ) 2年
7. 國行 麗生(クニユキ レオ) 4年
8. 郡司 陽大(グンジ アキヒロ)2年
9. 湊谷 春紀(ミナトヤ ハルキ) 3年
10. 川端 千都(カワバタ カズト)4年

〈補欠〉
11. 三上 嵩斗(ミカミ シュウト) 3年
12. 湯澤 舜(ユザワ シュン) 3年
13. 髙田 凜太郎(タカタ リンタロウ) 2年
14. 館澤 亨次(タテザワ リョウジ) 2年
15. 西川 雄一朗(ニシカワ ユウイチロウ) 2年
16. 西田 壮志(ニシダ タケシ) 1年

〈監督〉
両角 速(モロズミ ハヤシ)
2011年4月に監督に就任し、7年目となる。
 

スポンサーリンク





 

東海大学の強さは?

東海大学の強さは、なんと言っても
圧倒的な選手層!

1、2年生にスピード豊かな選手が並びます。
中でも2015年全国高校駅伝で、1区区間賞をとった
關 颯人選手」を始め、

高校時代から5,000m13分台の
快速ランナーが5人もいる。

3・4年生にも、
川端 千都選手」「春日 千速選手」
國行 麗生選手」「三上 嵩斗選手」
湊谷 春紀選手」と有力選手が揃っています。

これだけの有力選手揃いなので、
メンバー争いもし烈です。

このことも一人ひとりの実力をアップ
させている要因になっているようです。

 

ユニフォームの変更

東海大学は、今年建学75周年を迎え、
ユニフォームを変更しました。

これまでは水色のユニフォームでしたが、

こちらの青いユニフォームに!


 

まとめ

東海大学は有力選手揃いで、
私は優勝候補ではないかと思っています。

でも、箱根路では何が起こるか分かりません。

1区は、注目の關 颯人選手。
スタートから目が離せませんね!

どんなレースになるのか楽しみです!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

カレンダー

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。