水道管が凍結したらどうする?予防法と対処法は?

こんにちは~

今朝も寒かったです!

外に出ると、手袋をしているのに
手が氷のように冷たくなってきて、
指先が痛くなりました。

1月2月はもっと冷え込むのでしょうか?
寒すぎて買い物に外に出るのも
ツライと感じてしまいます(^_^;)

こんなに寒いと水道管の凍結が
気になってきます。

今日は、水道管凍結の「予防法」と
凍結してしまった場合の「対処法」

を調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

水道管凍結を防ぐには?

旅行などで長期間外出する時気温が氷点下4℃以下
になると水道が凍結しやすくなります。

屋外、北側で日が当たらない場所、
風当たりの強いところむき出しになっている水道管
などは特に注意が必要です。

1.水をチョロチョロだしておく
  水は流れていると凍結しにくいものです。
  冷え込みそうな夜には、
  お風呂などで水をチョロチョロ出しておくことで、
  凍結しにくくなります。
 
  凍結で断水しても、この水がトイレなどに利用できます。

2.メーターボックス内の保温
  発泡スチロールなどを細かく砕いた物や布切れなど
  を濡れないようにビニール袋に詰めて、
  メーターボックスの中に入れてください。

3.屋外の水道管の保温
  屋外の露出した水道管などの場合は、
  保温材を巻き防水テープで巻き上げる。
  または、タオルや布を水道管に巻きつけるのも
  効果的です。

 

水道管が凍結してしまった場合の対処法は?

1.自然に溶けるのを待ちましょう。

2.どうしても早く溶かしたい時は、
  凍結した部分にタオルなどをかけ、
  その上からゆっくりとぬるま湯をかけましょう。

  直接熱湯をかけると水道管が破裂することがあるので注意!!!

こちらの動画に予防法と対処法が
わかりやすく紹介されています。
参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク





 

水道管が破裂してしまったら・・・

メーターボックスの中にある止水栓を閉めて下さい。

止水栓の位置がわからない場合は、
破裂した部分にタオルかビニールテープを巻きつけ、
応急手当をして下さい。

凍結破損などの修繕は、
指定給水装置工事事業者に依頼。

また、アパートや借家などは、
管理会社や大家に連絡
してください。

まとめ

水道管の凍結は、各家庭で事前に対処しておくことで
かなり防げるということが分かりました。

これからもっと冷え込みがキツくなってくると思うので
我が家も対策しておこうと思います。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

カレンダー

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。