一三夜の今日(11月1日)は月を見上げてみよう!一三夜とは?満月のこと?

こんにちは~
今朝もまたまた冷え込みましたね。

今度の三連休はお天気大丈夫そうですね!
10月は3週連続、週末雨でした( ;∀;)

しかも2回は台風・・・

11月は週末晴れの日が増えるといいですね!

さて、今夜は一三夜です☆

一五夜はよく聞きますが、
一三夜はあまり聞いたことがありません。

今日は一三夜について調べてみたいと思います!

スポンサーリンク

 

一三夜とは?

日本では、古くから秋の名月を鑑賞する
「お月見」の風習があります。

お月見というと旧暦八月十五日の「十五夜」
がもっとも有名ですが、

日本では、もうひとつ旧暦九月十三日の「十三夜」
また美しい月であると重んじていました。

十三夜の月見は日本独特の風習だそうです。

十五夜」に月見をしたら、
必ず「十三夜」にも月見をする
ものともされていました。

これは十五夜だけでは、「片月見」といって
嫌われていたそうです。

また、十三夜の月見には、収穫期に入るくりや豆を供えることから、
「栗名月」、「豆名月」とも呼ばれています。

昔はカレンダーなんてなかっただろうから、
月の満ち欠け周期に合わせて、
季節を感じたり、収穫したりしていたのかなと思いました。

スポンサーリンク




 

「一三夜に曇りなし」

「中秋の名月(十五夜)、十年に九年は見えず」
という言葉があるそうです。

確かに、今年の一五夜お月さんは見えませんでした(;_;)

対照的に、「十三夜に曇りなし」

と文字通り月が見える率が高いことを表しています。

確かに!今日は晴れ!!!
昔から一三夜は晴れると言われていたのですね!

面白いですね。

しかし、「一五夜」だけお月見をして
「十三夜」にはお月見をしないことを

「片月見(かたつきみ)」と言って、
縁起が悪いとされていたようです。

一五夜は、ほとんど見えないと言われていたから、
ほとんどの年が縁起が悪いってことなのかな?

両方見られた時は、ものすごくラッキーな年になりますね!

一三夜には、満月が見られるの?

今日11月1日の月は、満月ではありません。
満月は、11月4日(土)

一三夜は、月齢で使われる言葉で、
新月から数えて13日目にあたる日を指します。

月は、8割程見える状態だそうです。

昨日、昼間に見た白い月は、
少し掛けていましたが、大きかったです!

住んでいる地域によっても違うと思いますが、
私が住んでいるここは、今日は雲がない青空!

きっと今夜はきれいな月が見えると思います。
娘と一緒に月を見上げたいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

カレンダー

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。