六甲山光のアート「Lightscape in Rokko」の開催日時やアクセスは?

こんにちは。

やっと10月らしい天気になったと思ったら、
また雨ですね(´;ω;`)

最近編み物を始めました。
編み出すと止まらなくて、
ついつい夜更かししてしまいます。

編み物は、小学生の時に少しやったこと
がある程度なんですが、

今は、Youtubeに編み方を
丁寧に紹介してくれた動画がたくさんあるので、
私みたいな初心者でもなんとか形になります♪

娘のリクエストで、マフラーや
人形の毛布などを編みました。

そして今は、毛糸の帽子を編んでいます。
フワフワの毛糸なので、これがけっこう難しくて( ;∀;)

でも、娘が喜ぶ顔を見たくて、
せっせと編んでいます。

さて、今日は六甲山光のアート「Lightscape in Rokko」
が幻想的でとても良かったと聞いたので、
詳しく調べてみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

六甲山光のアート「Lightscape in Rokko」について

1,000万色以上の色彩表現がLED照明を使って、
限りなく自然光に近い光で、展望台全体を
覆うフレームを内側から照らす光のイベント。

伏見雅之氏による演出で、今年のテーマは<枕草子>

清少納言が記した、四季折々の情景を、
季節毎に春・夏・秋・冬の4パターンで表現。

現在は、秋バージョン「秋は夕暮れ」を開催中!

期間:9月9日(土)~11月23日(木・祝)
時間:17:00~21:00(20:30受付終了)

●春バージョン「春はあけぼの」


期間:4月1日(土)~5月31日(水)
時間:18:00~21:00(20:30受付終了)

夜が明ける頃の、山の際の辺りが少し明るく
なって、だんだんと白んでいき、
紫がかっている雲がたなびく様子。

●夏バージョン「夏は夜」


期間:7月1日(土)~9月8日(金)
時間:19:00~21:00(20:30受付終了)

夏の夜の、月が明るい情景。
暗闇に蛍が多く、またはほんの数匹が飛び交って
ぼんやりと光って飛んでいく姿や、雨の日の様子。

●秋バージョン「秋は夕暮れ」


期間:9月9日(土)~11月23日(木・祝)
時間:17:00~21:00(20:30受付終了)

夕日が差し込んで山の端に
とても近くなっているときに、
鳥が寝床に帰ろうと数羽、飛び急ぐさま、
列隊を組んで飛ぶ雁などが見える姿。

●冬バージョン「冬はつとめて」
期間:11月25日(土)~2018年1月8日(月・祝)
時間:17:00~21:00(20:30受付終了)

冬の早朝の雪や、白さの際立つ霜の様子。
とても寒い日に暖を取るために
火をおこして火桶を持って運ぶ、冬らしい様子。

「春」「夏」は終わってしまいましたが、
「秋」「冬」はまだ見るチャンスがありますね。

六甲山と言えば、1,000万ドルの夜景が有名ですが、
その1,000万ドルの夜景を目の前に、光のアートも楽しめます。

目がキラキラしてしまいそう(笑)

 

スポンサーリンク





 

アクセスは?

場所:六甲ガーデンテラス
住所:〒657-0101 兵庫県神戸市灘区六甲山町

JR六甲道・阪急六甲・阪神御影から市バス16系統
⇒六甲ケーブル⇒山上循環バスで六甲ガーデンテラスへ
詳しくはこちらを☆

自然体感展望台 六甲枝垂れ 入場料:大人300円、小人200円

まとめ

画像を見ただけでも素敵で行きたくなってきました!

11月23日まで「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2017」
も開催していて、昼間はこのアートや、植物園、

アスレチックなどを楽しみ、夜は夜景と光のアートを楽しみ・・・
と、1日たっぷりと六甲山を満喫できますね♪

いや、1日あっても足りないくらいですね。

芸術の秋、
六甲山で芸術を触れてみる旅もいいですね。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

カレンダー

2017年10月
    11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。